【保土ケ谷区神戸町】1000年以上の歴史…天照大御神に会いにゆく?!明日明後日は大祭!

天王町にある横浜ビジネスパークのすぐ近くに保土ケ谷駅に抜ける裏道があります。それが旧東海道という道なのだと石柱?が立っています。

相州道と旧東海道の交差点なんですね。

現在知られている「旧東海道」は慶長6年(1601)に保土ヶ谷宿が成立した当時のものではなく慶安元年(1648)に竣工されたものでそれまでは追分(宮田町1丁目)から上方方面の東海道はここを通っていたそうです。この石像は相州道と旧東海道を旅行く人達や地域の人達を見守るために建てられたのですね。

このすぐ近くを流れている川は昔からよく氾濫したそうです。それに加えて様々な天災があり、幾度かと新しく整備されてきたことがこちらにも記載されていると思います。旧東海道は現在の宮田町1丁目あたりから神明社あたりまでの道筋は判明しているそうですが、そこから境木までの道筋には諸説あるそう。その神明社と云うのがこの辺り一帯の守り神で、天禄元年(970年)保土ヶ谷は榛谷と呼ばれていた時代から続き三重県にある伊勢神宮同様、本社に天照大御神(あまてらすおおみかみ)を祀り、外宮の豊受大神宮(とようけたいじんぐう)があるそうです。また平成十年、鎮座1030年祭・当地遷座770年祭・伊勢神宮鎮座2000年祭を記念して「平成の大造営」が行われ、380年ぶりに本社・摂末社・神楽殿等総ての境内建物十二棟が一新され平成十二年、神奈川県神社庁献幣使参向神社に指定されたそうです。その神明社の大祭が2019年8月24日(土)25日(日)に行われます。

横浜市で一番歴史がある天照大御神の鎮座する神明社お祭りはいかがですか?神明社はこちらです。

(たまてばこ*Tomy)

2019/08/23 07:52 2019/08/23 14:22
yokohamahodogayaedit

号外NETの広告出稿はこちら

号外NETメルマガ

号外netは持続可能な開発目標(SDGs)を支援します

号外netへの提供提供求む!

号外net 全国で地域ライター募集